■難病・その他

腎臓癌ステージⅡ

●60歳 男性

 

【既往歴】

糖尿病・B型肝炎キャリアー・血液検査異常(カッコ内は正常値)

  • GOT 74(10~40)
  • GPT 124(5~45)
  • γGPT 136(0~79)
  • HbA1c 8.5(4.6~6.2)
  • 白血球 2990(3500~9700)
  • 血小板数 13.9万(14~37.9)
  • 総ビリルビン 1.4(0.3~1.2)
  • クレアチニン 0.62(0.65~1.09)

【症状・体質】

何年も前から血糖値(HbA1c)の数値が高く医者に節制しないとインシュリンや透析になると言われていた。
当店にも5年前ぐらいに一度通い、数値を良くしたためその後何もしない状態でいた。
その後職場での人間関係が悪化し、毎日ビール・日本酒・お菓子を食していた。
半年前に右腎臓に癌がみつかり、父親が膵臓癌であっという間に死んだので、自分は出来れば手術をしたくない、化学療法はいやだと思い、再度来店する。

症状的には、夜の寝付きも悪く、前立腺肥大といも言われていたので、尿の出方が思わしくない。目のしばしば感。背中の痛みとこわばり。肩こり・鼻のつまり車の運転をすると、1時間ぐらいしては、腰をのばさなくてはならないぐらい固まった状態が多かった。


【治療法】

  1. NESカウンセリング(1週間に2回 3ヶ月 その後1週間に1回 3ヶ月)
  2. 紅豆杉・瓊玉膏・乳酸菌生成エキス・赤神力大麦若葉

【結果】&【考察】

人間関係の事について話を聞くと、考え方が徐々に別な方向へと向かっていった。
それと同時に食生活をしっかり変更。油、砂糖、冷たいものを一切やめる。
1週間ぐらいで便通が良くなる。
2週間で夜ぐっすりと寝れるようになる。
1ヶ月で背中のこわばりが楽になる。
3ヶ月で、一度検査に行き、血液検査とCTをとってもらう。
血液検査は相当良くなるが、まだ肝臓の数値は正常範囲ではなかった。
脂肪肝も見つかる。
ただ、腎臓の癌が3ミリ程度だが小さくなっていた。
その後3ヶ月間は仕事があまりにも忙しくて、なかなか施術には来れなかった。
冬の時期もあったが、次の検査では変化がなかった。ただ、大きくなっていなかったのが幸いと、B型肝炎の数値が消えていた。
ここで、医者に強く手術を勧められ、オペをする。手術も成功し2週間のところ、1週間で帰れる。
あのまま治療をしていれば、消えたかもしれないが、本人は非常に満足して、現在も精力的に仕事をこなしている。
化学療法、放射線は一切なし。

症例集のTOPに戻る

▲ページTOP