■炎症性疾患

皮膚病

●20代 女性

 

【既往歴】

  • 小さい時喘息で吸入をしていた。
  • 社会人になって1年目から背中に湿疹が出始める。

【症状・体質】

冬に乾燥。夏の暑い時にひどくなる。
ステロイドでは良くならない。
手足の冷え症。疲れやすい。肩こり。
膀胱炎になりやすい。
生理痛。ストレスも多い。
チョコレート、クッキーなどお菓子が好き。


【治療法】

  1. カウンセリング。初回のみ。
  2. 食事(お菓子を控える。和食中心)
  3. 漢方エキス剤(活血化瘀・補脾・補血・温裏袪寒・温腎・利水)

【結果】

1週間後、痒みが薄らぐ。
正常なところが増えてきた。
尿量がすごく出て気持ちが良い。
2週間後、ほとんど良い。痒みも治まる。


【考察】

年齢も若く、既往歴がそんなに年数がたっていなかったので、漢方薬の効果が出やすかったと思います。
お菓子を食べてしまう原因の、会社でのストレスをカウンセリングによって、解決できたので、これも大きかったようです。

症例集のTOPに戻る

▲ページTOP