■精神疾患

癌再発の不安による不眠・頭痛・咳喘息

●57歳 女性

 

【既往歴】

  • 10年前に口外裂の手術(小さい時から自分の容姿でいじめを受けていた)
  • その年の年末 乳癌の手術
  • 次の年、大学病院で放射線を受ける。
  • その年、2度目の 口外裂の手術
  • 同年、下肢静脈瘤抜去切除術 10ヶ所
  • 平成23年 甲状腺癌
  • 20年ほど十二指腸潰瘍・胃潰瘍を繰り返す。
  • パニック障害・うつ・静脈瘤・喘息・過敏性腸症候群・緊張性頭痛

【症状・体質】

肩こり・頭痛・めまい 毎日目が赤くなり目薬が離せない。
咳も出て、夜が眠れない。小さいころから母親が怖く、いまでも怒鳴られたりすると胃が病み、頭痛がする。外にも出たくなくなる。
泣いてしまう。今は、自分がわからず、何にも興味がわかない。
関心がない。人に気を使いすぎて疲れる。耳鳴りもする。


【治療法】

  1. カウンセリング(週1回 3ケ月 その後2週間に1回 1ケ月)
  2. 漢方薬(脾虚・発散剤・漢方血栓溶解剤も併用)
  3. レックスプロ併用
  4. ホルミシスタンク併用

【結果】

全ての症状がなくなり、人間関係に振り回されなくなる。
母親ともそれぞれの課題を考え、良い距離感が保たれ、長年の抗うつ薬、不眠藥、胃薬を全て廃薬出来た。
体調も良くなり、今は息子さんが建ててくれるというお店で将来カフェでも併設しようかという新たな目標が出来、生き生きと暮らせるようになる。


【考察】

もともと小さいころからのトラウマが引き金になって、ずっと病気がちであったところ、乳癌、甲状腺癌を患うことになって、精神的に無力感になる。ただ、本人としては今飲んでいる抗鬱藥、睡眠薬、鎮痛薬などを飲みたくないという強い意志が今回のカウンセリングで感情解放を強く要望出来たところが結果につながる。
冷えも強かったので、冷えをとる漢方、そしてホルミシスタンクで溶存酸素を多く入れられたことも、非常に早く結果を出せた。
これからの人生での目標と楽しみが出来て更に本人のやる気が出た。

症例集のTOPに戻る

▲ページTOP