■女性疾患

子宮筋繊維内膜症

●40代 女性 子供1人

 

【既往歴】

  • 鉄欠乏性貧血、膵炎、腎盂炎

【症状・体質】

痩せ型、気分が内向しやすい、胃腸は弱い方、油物で下痢をしやすい。
肩こり、疲れ目、軟便、小水は近い、ストレスは溜まりやすい。
睡眠は浅い。
数ヶ月前から、生理中下腹部に異常な痛みがあり、量も多かった。
生理の数日間は寝たきり。やる気もなく、動くとすぐ疲れる。
時間があれば横になっていたい状態。

病院への受診をすすめ、子宮筋繊維内膜症と診断。
投薬にて様子を見るといわれたが、漢方と自然薬での治療を選択。


【治療法】

  1. ストレス解放(やまとここからデトックスー初回のみ)
  2. 食事療法(亜麻仁油・大麦若葉)
  3. 温熱療法(バドガシュタイン岩盤浴―週1回~2回)
  4. 漢方療法(煎じ薬-活血化瘀・理気止痛・補血健脾・温裏袪寒・瓊玉膏)

【結果】

はじめてから2週間で顔色がよくなる。
1度目の生理はすこし痛みがあったが、2度目の生理から痛みが消える。
食欲が出てきて、少し太る。
目つき、顔つきが明るくなり、やる気がどんどん出てきて、家の断捨離を決行。
動きすぎて、少々疲れが出る。
今は、検査待ちの状態。


【考察】

子宮は中医学の心・脾・肝の3臓と密接に関係します。
これは、生理も胎児の滋養は営血に依存していますが、心が血脈を主り、肝が血を蔵することを主り、脾が統血し生血に依存しているからです。
よって、この3臓の機能が失調した時、往々にして子宮の生理機能に影響が出ます。

(例)
心脾両虚証の場合、血に化生する原料がない、または思慮が過ぎて心血が消耗するなどの要因で、過少月経、閉経などがおこります。
また、脾気虚で血液を統摂することができなくなれば、月経がいつまでも止まら無くなったり、脾気虚で中気下陥すれば、子宮下垂がおきます。
肝気が鬱血が疏泄作用が働かなくなると、血が停滞し、子宮筋腫や内膜症を起こします。

症例集のTOPに戻る

▲ページTOP