■精神疾患

動悸・不安になりやすい

●44歳 女性 子供1人

 

【既往歴】

  • 不整脈・何かあると胃にきやすい。胸焼けもすぐ起こす。
  • 他の薬局で「加味帰脾湯」を出されるがあまり効果が見られない。
  • 30代になるかどうかで、不安感が上がってきた。
  • 安定剤を飲むと、ぐわんぐわんしてきて、パニック障害みたくなった。
  • 寒がりで、おなか周りが冷える。
  • 子供のころから便秘症。コロコロ便

【症状・体質】

動悸・不安感・だるさ
婦人科(生理は23日周期・生理前に少し胸が張る。)
食生活(朝:果物とパン少々 昼:ごはん・おかず 夜:ビールとつまみ)
夜中に目が覚めると寝られないときがある。
今、仕事をやめるかどうか気になっている。
毎日10時・11時帰り


【治療法】

  1. NESカウンセリング (2週間に8回 4ヶ月)
  2. 漢方薬(補気建碑・温陽利水・清熱解毒)

【結果】&【考察】

食事の時間があまりにも遅いので、途中でおにぎりでも食べてもらう。
お菓子はやめる。アルコールを減らす。生姜の料理を多くする。食生活の見直し。
NESの感情解放で、お母さんとの別れをきちんとしたことと、仕事での人間関係を整理する。子供に対しても、怒らなくなる。
湯船にはいってもらったり、。腹巻をまいてもらう。
「心血虚」「脾虚」「腎陽虚」が見られたため、初めは「心」を中心に処方したが、土台となる「脾」の運化作用を要にしてからは、食欲がでて、めぐりが良くなり効果を出したと考えられる。

症例集のTOPに戻る

▲ページTOP