■精神疾患

パニック発作・しびれ・めまい・頭痛・息苦しい

●36歳 女性

 

【既往歴】

  • 7月(2013年)からパニックを起こす。
  • しびれ・めまい・頭痛・息苦しい
  • 3年前にお父さんが亡くなって、その後すぐお母様と暮らし始める。
  • 不眠はずっとある。
  • 小さい時に、喘息
  • 痛み止めの靜注で、一度たおれたことがある。

【症状・体質】

内科(偏頭痛)・婦人科・心療内科に通う。
ワイパックス0.5g ランドセルを飲むが、一日中倦怠感・疲れて息切れ、後頭部が詰まった感じ。不安感が強い。
手足の冷え・肩こり・偏頭痛・動悸・息切れ・ひざ下のしびれ
出産は2回・男子 4年前に死産
心配性・寝付けない。途中覚醒


【治療法】

  1. 最初対面カウンセリング(1週一回 4ヶ月)その後NES導入(週1回 2ヶ月)
  2. 漢方薬(芳香化湿・清熱安神・温陽利水)
  3. 乳酸菌生成エキス

【結果】

対面カウンセリングの時は、なかなか結果が出なかった。
お父さんとのお別れがきちんとしていなかったこと。
母親とのキッチンの使い方。ご主人がお財布を持っているので、自由がない。
子供に対して先々の心配が異常。などがわかるが、NESの感情解放で全て答えを出す。
また、舌の苔がひどかったので、芳香化湿藥を中心にしてから早い結果をだす。


【考察】

対面でのカウンセリングだけでも感情は出ていたが、解放までは至らなかった。
なかなか、体調は良くならず、途中からNESを導入した感情解放をすると、すぐ答えをだし、どんどん変化していく。
最後は、お母さんと別居まで出来るようになり、それからは安心して寝れるようになる。
父親が死んだときは、その悲しみをしっかりと出来なかったのを加え、母親を一人には出来ないと思い、すぐ何も考えず家族で同居。
2世帯住宅にはなっていなかったので、キッチンに女性が2人たつので、意見が分かれる。
子供に与えてほしくないお菓子を、お母さんが与えたりしても悪いと思って、断ることが出来ず、またご主人に対しても、気を使いすぎるようになる。
よって、心血虚を伴っていたが、夏の暑さで、寒湿困脾になっていたので、そちらを改善することで、気の巡りも、血の巡りも良くなり、水分代謝が楽に行われるようになった。
体が少し元気になり、いろいろ考えることが出来るようになる。
初めは、何も考えられない。何も出来ない。それしか言われなかった。
今では、お母さんとの関係も良好で、元気に暮らしている。

症例集のTOPに戻る

▲ページTOP