■炎症性疾患

アトピー性皮膚炎(2)

●20代 女性

 

【既往歴】

  • 幼少期からアトピーで、手が痒い。
  • 小学校・中学校の頃は顔にブツブツが出る。

【症状・体質】

夜寝てからが痒い。
ステロイドでは良くならない。
年中手が痒く、強くなっている。
猫アレルギー。
肩こり。
高校生ぐらいから尿の回数が多い。
ストレスはたまりやすい。
すごく考え事をしてしまい。入眠までに時間がかかる。


【治療法】

  1. カウンセリング。初回のみ。
  2. 食事(お菓子を控える。和食中心)
  3. 漢方エキス剤(活血化瘀・温裏袪寒)
  4. 乳酸菌生成エキス。
  5. 無添加せっけん。
  6. 細胞活性剤。
  7. 自宅岩盤購入。

【結果】

5日ほど飲んだ後、朝血だらけにならず、痒みも治まっている。
2週間後だいぶ良いようなので、続けて服用。
3週間後少々カサカサはあるが、生理の時の気分の落ち込みもなく、
体重は3キロ減る。
2ヶ月後から、調子が良いので、漢方薬や乳酸菌生成エキスを減らして様子を見る。
漢方薬を飲みだしてから、病院の薬は全く使用しなかったようです。


【考察】

初めて食生活を変えてみたようで、自分で皮膚病を改善できる喜びに感動していました。
また、夜遅くまでスマホやパソコンを使っていたので、寝る2時間前ぐらいには使用しないよう努めた結果、入眠も早くなり、それも皮膚にはとてもよかったです。
尚、途中足の岩盤を気に入られて、自宅用に購入したのも血行不良改善につながりました。

症例集のTOPに戻る

▲ページTOP